汚染物 は、周囲に有害な可能性のある 、目に見えない細菌や微生物です。

製薬工場、自動車製造、病院、食品処理工場、眼科クリニック、栄養サプリ工場、ITリサーチ・センターなど、様々な場所で重要な区画における汚染が問題になっています。

汚染物 は、周囲に有害な可能性のある、目に見えない細菌や微生物です。汚染物は、業種によって粒子、病原、アレルゲン、微生物、空中の分子状汚染物質 (AMC)、細菌など、様々な名前で呼ばれています。

しかし、足、車輪や空中の菌や粒子の汚染は、単に「埃」や「汚れ」と呼んであまり留意していないことがあります。この潜在的危険は多大です。


パンフレット

見えるものではなく、見えないものが危険です...

無菌の薬品に一つでも微生物が入ると、そのバッチ全体の隔離または処分の必要が生じ、供給不足、経済的影響、製品のリコール、FDAの注意、会社の閉鎖などの問題につながる場合があります。

粒子が見えなければ予防策を講じない傾向がありますが、ほとんどの有害汚染物は裸眼では見えないため、きれいに見えてもひどい汚染が存在する可能性があります。一部の汚染物は、好ましい環境で生存、成長、増殖する可能性があり (存続能力)、その他一部の汚染物は生育不能の場合があります。

貴社の事業に対する危険

クリーン性が重要な環境が汚染されると、品質、産出量、製品の効果、生産性に大きな危険が生じることがあります。次のような結果になってしまう場合があります。

バッチの隔離

ライフサイエンスでは、細菌汚染が深刻な結果につながる場合があります。無菌の薬品に一つでも微生物が入ると、そのバッチ全体の隔離または処分の必要が生じることがあります。

製品の不合格

汚染により、製造のダウンタイムや消費者からの信頼喪失につながることがあります。製品が不合格になったり、リコールの必要などから、多額の事業ロスが出た会社は数多くあります。

製品産出性への影響

汚染は、製品の産出性に大きな悪影響を与えることがあります。その結果作業し直が必要になると、収益性と運営効率が大幅に悪化してしまいます。

病院内感染

手術室、集中治療室、回復室が汚染されると、MRSAなどの病院内感染リスクが大幅に増大する可能性があります。

相互汚染

Takeda社では、クロークルーム/更衣室を通って生産区画に出入りする社員の靴による相互汚染のリスクの削減方法を探していました。設置後に、次のようなご感想をお聞かせいただきました。「Dycemのフロアリング・システムは、生産区画からクロークルーム/更衣室に移動する社員による汚染拡張を大幅に制限してくれています。」Dycemの設置により、社員に付着して運ばれる埃による相互汚染を大幅に削減することができました。

Actavis社は、他の多くの施設と同様に、クリーン性が重要な環境の相互汚染リスクの削減をご希望になっていました。いくつかの異なった製品を扱うため、相互汚染のリスクが多きく、イメージやコストに大きな悪影響を与える長期的で広範囲な影響が発生する危険があります。Actavis社では、床一面に当社のWorkZoneソリューションを設置し、完全な粒子コントロールを行いました。Dycemは粉末をしっかりとキャッチする抜群の性能を備えているため、Actavis社で相互汚染の危険性を削減し、最良のソリューションとしてご信頼いただいています。

Latest News...

Mauris eu tincidunt erat. Sed quis fermentum mauris. Maecenas in vulputate ante. Etiam id tempor sapien. Phasellus sapien eros, tempor quis varius quis,

Title: 
JA/汚染 contamination

Latest News...